--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
22
2013

BROOKS PANNIER

CATEGORY商品紹介
こんばんは。

いやはや、、、こっち放置、申し訳ございません。




写真

本日山遊び、ボク自身は改装や出張続きで中々いけてなかったので久々。皆も週末の雨続きにやられて久々だったみたいですね。




DSC_0424.jpg

山の相方はBANDIT29、快適ですねやはり。

そして、





DSCN7315.jpg

毎日の相棒はもちろんE.B.S PIKEこちらも無論快適。

そのパイクの快適性、真面目な話をすると長くなるのですが、、、日々の生活の中で何が快適かと言えば、、、パニアバッグですね。

東京・大阪・神戸等、他の都市を歩いてて思うのですが、京都の自転車のパニアバッグ普及率は頭一つ抜けた感じ、ホント良く見ます。

そんな京都在住のパニアーに、ちょっと如何?とオススメしたいのが本日の





DSC_0368.jpg

BROOKSのパニアバッグ。

UNITでも発売当初より取り扱っているのですが、BROOKSと言えば革サドル、、、ですが、昨今のブルックスはその技術を応用したバッグ類がとても充実しておりまして、それを皆さんにももっと知って頂こうと思い、UNITでも強化していこうという目論み。

目論みって、、、(笑)

ということで自分の自転車にも導入したのでありますが、、、コレ、大変満足度の高いアイテムでした。使って無い時は「確かにカッコイイけど、、ロールトップ面倒っぽいし。。」という生まれてこの方貫いてるメンドクサガリ気質がその購入を妨げておりました(笑)

が、、、、使った結果全く面倒じゃない、フラップ付きのモノでも結局ベルト留めですから、、、。



ということで、、、詳細まいります(笑)

先ずは若干変態的ではありますが、色んな角度からの装着写真。






DSC_0361.jpg

DSC_0357.jpg DSC_0356.jpg

DSC_0353.jpg DSC_0352.jpg

DSC_0362.jpg

うんうん、カッコイイ。いわゆる「所有欲を満たす」ってやつですね、高級感もありシンプルで飽きのこないスタイル。

もちろん見た目だけでなく質実剛健。



DSC_0380.jpg

厚手のナイロンオックスに内側は防水処理、生地の接合はシールで圧着ですので完璧。



DSC_0389.jpg

ポケット(リアのみ)も止水ジップと排水用アイレットを完備、ロゴはリフレクター仕様で視認性UP。




DSC_0387.jpg

リアの中はオーガナイザーポケット付き、フロントにはありません。ツーリングではなく日常ならどちらでも良さそうですが、、それでもコレがあって良かったーって時がタマにありますのでちゃんとご紹介(笑)

外側に戻って、ロールトップを固定する



DSC_0382.jpg

サイドのベルトはコットン・フックがアルミ・ループがレザー、この辺りがブルックスらしさの表れ。ナイロン系や樹脂系も良いのですが、粘り強い耐久性という意味ではむしろ分があるかと。負荷のかかるトコロですからね。


そして背面。




DSC_0384.jpg

このシステムは、、、そうですね、リクセンカウルのFLICK fixです。安心すぎる程安心。エンドにバンパーが付いてるのもとても安心、コレがないとモノがあまり入ってない時にスポークに当たっちゃったりしますからね。


ということで、、、、いかがですか?ブルックスのパニ・・・って、まだ終われないんです(笑)


最近機嫌良く使ってて、全く不満が無いのですが、、、ふと思ったんですね。

毎日使う場合、シングルでってパターンが多いですよね?片方だけ。でも、、、「帰りにスーパー寄ったら1つじゃ足りない、、。」「今日は着替えが沢山、、、あ、入りきらないからカバンもいっこ背負って、、。」とかね。

ということでボクも両方付けることにしてるのですが、、、ちょっとボリューミー過ぎやしないかい??と思わなくもない。

ん?

ということは!?、、ということで、、、





DSC_0364.jpg

片方をフロントってのもアリなんじゃないの?というコトです。

実際やってみたら結構良さそう、アシンメトリーなルックスも悪くない。



ということで、、、ホントにということで(笑)、クロモリ系長距離自転車の方には、かなりグッとくる商品だと思います。クラッシックな空気感と今の技術が融合してる感じ、それって今ブルックスが目指してるっぽいコト。

それが分かる人にパニアバッグユーザーが多い気がします。





DSC_0363.jpg

このパニア、そんな方はきっと納得だと思います。







DSC_0377.jpg

BROOKS JOHN O'GROATS FRONT PANNIER ¥12,600-
LAND'S END REAR PANNIER ¥15,750-

お問い合わせはこちらまで。
 E-mail : unit.kyoto@gmail.com
 TEL & FAX : 075-241-2832(12:00~20:00)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1ヨシムラビル1F
京阪「三条駅」徒歩10分 京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

9月のお休み
毎週水曜日、17日(火)、29日(日)

ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしております。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。